スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターゲットはTSK!

西部交通

TSK…徳島西部交通の略である。
徳島美馬地区を中心に路線と貸切バスを展開する小さなバス会社で
ここにバスファンに人気の塗装が残っている。
「赤バス」と呼ばれているこの塗装は、
もともと香川のことでんバス(旧高松琴平電鉄)で昭和28年10月の
国体を機に新型車導入に合わせて登場したもので
間違いでなければ、嘱託の方がデザインしたとか。
当時は余りにも派手で斬新なデザインゆえに一般にはなかなか受け入れられなかったという。
因みにことでんでの標記は「高松琴平電鉄でTKR」
グループ会社であり、昭和61年にことでんと合併されて消滅した高松バスは「TBK」
とあり、塗装は赤文字に青のラインだった。
当時幼い自分でも馴染みでお絵かきでも書きやすかったこの塗装は現在、数体残る廃車体でしか見ることが
なく、高松バスにおいては、知る限り一台のみ。

話を元にもどす。

ことでんのグループ会社に属する関係でこの塗装が継承されていた徳島西部交通だったが、
新造車導入やことでんからの譲渡車で次第にこの塗装が減り、現在は貸切車3台のみとなってしまった。
とある日、徳島からJR徳島線穴吹駅経由で高松に帰還中に何気なしに
車庫の前を通るとパッとしない今時の塗装に囲まれて止まっている「赤バス」を発見
早速写真撮影のお願いに本社に立寄る。
予定していたスケジュールを忘れて本社の方と意気投合し、いずれ近くマニアックなバスツアーと企む。
公式廃車体巡りツアーなんてどうだろう…
廃車体1
★写真は約10年前に撮影した廃車体 ※許可をもらって撮影
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。